1. キャンパスシティ
  2. 下関市立大学
  3. 大学受験
  4. 経済学部
  5. きなこさんの受験体験談

下関市立大学の合格体験記

きなこさんの下関市立大学 経済学部 受験体験談

受験体験談詳細

投稿者:きなこさん
出身校:鹿児島県立川辺高等学校|受験区分:推薦入試|入学年度:2006年
参考になった: 287

この大学に決めた理由

推薦入試が小論文だけであったことが一番です。
もちろん、経済学を学びたいと思っていましたし、大学の下調べをしたうえで決めたことです。
下関市立大学は小さな大学ですが、私は生徒が多い大学よりものんびりと自分のペースで大学生活を送ることができると思います。また、オーストラリアや韓国の留学生も多数いるので文化の違いに触れられる場所です。
下関市自体は、とても静かな場所だと思います。鹿児島の田舎くらしから出てきた私にとってはとても落ち着く場所ですし、北九州や福岡に買い物に行くこともできるのでとても生活の面でも便利な場所です。

合格する勉強方法/必勝法

やはり、先生方に指導してもらうことだと思います。
特に、私は推薦で小論文だけでしたので国語担当の先生に何回も過去問題の小論文を書いて指導してもらいに行きました。
私は緊張するタイプなので、本番で落ち着くためにも何回も先生に小論文の指導をしてもらい、自分はこれだけ頑張ってきたという自信を付けて推薦入試に臨みました。
あと、試験直前には何も勉強しないことです。ただでさえ気持ちが高ぶっていると思うので、試験直前は自分が落ち着く(私はホットコーヒーを飲む)ことをすることをオススメします。

合格判定どーだった?

模試の判定はCかD判定でした。
私は点数の良い教科と悪い教科の差がとても大きかったです。
特に数学はボロボロでした。
だから、推薦入試にかけてみたということもあります。
また、私が模試の判定が悪くても推薦入試を受けられたのは、宿題は必ず期日までに提出する、授業態度を良くするという心がけをしていたからです。
もちろん、模試で結果を出すことも大事ですが、最終的には勉強と生活態度の総合評価が大事になると思うので、模試の結果が悪いからと諦めずに他面でも頑張るべきです。

受験勉強をはじめた時期

進学校でしたが、私が本格的に受験勉強し始めたのは部活を引退してからです。
高校1年生から勉強はさせられてきましたが、3年生にもなると朝の7時から夜の10時ごろまで勉強していました。
二学期になるとセンター試験まで寝るのも惜しいほどでした。
結局、自分がどれほど復習をせず理解していなかったかをその時期になって思い知らされた感じです。

ツラかったこと、克服法

いくら勉強しても、模試の結果が伸びなかった時期がありつらかったです。
両親に反発し、何もかもが上手くいかないような気がした時期もありました。

やはり、息抜きや気分転換は大事です。
私は、週に二回ほど自由時間を作りました。自由時間といってもテレビやゲーム、漫画は途中で止まることはできないと思ったので、例えば散歩に出たり、友達と時間を決めてカラオケに行ったりという感じです。
自由時間があると「次の自由時間まで頑張る」という気持ちになるので、自分の自由時間をつくることは大切です。

受験生の時恋人いた?恋してた?

受験生の時は恋していました。
私の場合は、恋の相手が先生だったので何か質問があるたびに先生に聞きにいったり、試験でいい点数をとって褒めてもらうことが1つの楽しみでもありました。
好きな先生の教科が得意になり、先生にも近づける、まさに一石二鳥ですね。

塾・予備校・通信教育には通った?

進学校で、先生方が夜中まで学校にいたので塾に行く必要はなかったです。

オープンキャンパスとか参加した?

行かなくても合格できると思います。
ただ、大学ってこんな所なんだと知る良い機会にはなると思います。
私の高校ではネットと大学のパンフレットが用意してありましたので、そちらの方を参考にした生徒が多かったと思います。

ずばり大学の良いところ

高校とは全く違って、自分の受けたい授業を選択できること。
他県のひとが集まっていることで、友だちの輪もさらに広がる。
サークル活動の中で外国の方と友だちになれたこと。

ずばり大学の悪いところ

大学周辺に遊ぶ場所がないこと。

高校生・後輩へのメッセージ

今、頑張っていることは決して無駄ではありません。
あともう少しの辛抱ですので、最後まで頑張ってください。
また、学校の先生方を大いに使うこと、分からないことはどんな小さなことでも先生に聞きに行くことです。それだけで、自分のなかの不安が少しでも消えます。
今を乗り越えれば、春には明るい大学生活が待っています。

体験談情報
合格学部・学科 下関市立大学 経済学部経済学科(2006年)
ニックネーム きなこ(女性)
都道府県 / 出身高校 山口県 / 鹿児島県立川辺高等学校
受験区分 推薦入試
受験方式/科目 小論文
現役?浪人? 現役合格
この体験談が参考になった

週間アクセス人気ミスキャンパス

神尾美沙 上野未佳 荒井茉莉子 田中亜依 奥地純佳
神尾美沙さん (08年/成城大学) 上野未佳さん (07年/慶應義塾大学) 荒井茉莉子さん (09年/中央大学) 田中亜依さん (10年/東京大学) 奥地純佳さん (07年/慶應義塾大学)

注目の情報
2010年大学生新生活特集

シングルパックの引越が、激安のエリア定額15,750円から(税込)

単身パックのお引越しが1.5tトラック1台とスタッフ2名のパックで、15,750円から(税込)!数量限定、同一市区間内定額料金の業界初のシステム。まずは無料お見積もりを!